GAミント至上主義

Web Monomaniacal Developer@ビズオーシャン

Vue.jsからGTMを使ってGAのイベントを送る

ブログタイトルのGAはGoogle Analytics(以下GA)ではないですが、Google Tag Manager(以下GTM)でGAを読み込んでいる場合、独自イベントの送信がちょっと面倒です。

下記のようなVueプラグインもあるけど、Vue.jsの環境はVue CLI 3で、GTMのタグはindex.htmlに公式通りに入れているため、今回はスルーした。

www.npmjs.com

dataLayerを使う

GTMから独自変数を送るにはdataLayerというグローバル変数を使うらしい。

Developer Guide  |  Google Tag Manager for Web Tracking  |  Google Developers

dataLayerを制するものはGTMを制す - Qiita

こんな感じでなんでも送れる。

dataLayer.push({'event': 'event_name'});

dataLayer.push({
  'color': 'red',
  'conversionValue': 50,
  'event': 'customizeCar'
});

シンプルなVueプラグインを作る

とりあえずエラーイベントを送るように下記のような感じで作った。
category, action, labelはGAのイベントと合わせた。

gtm-datalayer.js

const gtmDataLayer = {
  install: function (Vue, options) {
    const dataLayer = window.dataLayer || []
    Vue.prototype.$gtm = {
      sendErrorEvent: function(category, action, label){
        dataLayer.push({
          event: 'error',
          eventCategory: category || 'defaultCategory',
          eventAction: action || 'defaultAction',
          eventLabel: label || 'defaultLabel'
        })
      }
    }
  }
}
export default gtmDataLayer

基本的にGTMのタグはHTMLの上の方で先に読み込んでいるはずで、dataLayerがセットされていないことはないはずだけど念の為、dataLayerがなくてもエラーが起きない(何も起きない)ようにしている。クリティカルな場面では使わないはず。

main.jsでインストールする

import GtmDataLayer from './plugins/gtm-datalayer'
Vue.use(GtmDataLayer)

これでvueのscript内から

this.$gtm.sendErrorEvent('お好きなカテゴリ', 'お好きなアクション', 'お好きなラベル')

みたいな感じで使える。

GTMで変数追加

勝手に送った変数はそのままでは使えない

ユーザー定義変数に上記、eventCategory、eventAction、eventLabelを追加する

f:id:uyamazak:20181114174848p:plain

GTMでカスタムイベント追加

カスタムイベントを受け取るトリガーを追加する。
f:id:uyamazak:20181114175009p:plain

とりあえず「すべてのカスタムイベント」にしたけど、あとで分けるなら、追加した変数を指定すればよさそう。

GTMでGAイベントのタグを追加

上で作った変数とトリガーを使って作る。
f:id:uyamazak:20181114175206p:plain

あとは公開するだけ。

Vue.js側から送信

これで送る。
今回はヤギが渡したはがきを食べた場面で送るようにした

//省略
  methods: {
    sampleError: function(){
      this.$gtm.sendErrorEvent('yagi', 'eat', `yagi ate postcard! ${this.eatCount}: ${this.content}`)
    }
  }
//省略

GAのリアルタイムイベントで確認

f:id:uyamazak:20181114175826p:plain

取れた。

イベント名を汎用的なものに変更(2018/11/16追記)

GTM側のGTMのトリガーのイベント名をerrorで作ってしまったけど、エラーに限らず汎用的に使えるのでappEventに変更し、エラーはCategoryを使うようにしてみた。

const EVENT_NAME = 'appEvent'
const gtmDataLayer = {
  install: function (Vue, options) {
    const dataLayer = window.dataLayer || []
    Vue.prototype.$gtm = {
      sendError: function(action, label){
        dataLayer.push({
          event: EVENT_NAME,
          eventCategory: 'appError',
          eventAction: action || 'defaultAction',
          eventLabel: label || 'defaultLabel'
        })
      }
    }
  }
}
export default gtmDataLayer

これで、エラーを送るときはカテゴリはappErrorで固定、actionとlabelだけ指定すればよくなった。actionに要約、labelに詳細みたいな感じで書けるので使いやすそう。

this.$gtm.sendError('yagiEte', `yagi ate postcard! count:${app.eatCount}, message:${tmpContent}`)

Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで

Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで