GAミント至上主義

安くて速いが好きなWEBアプリ開発者。最近はPython, Vue.js, Firebase, GKE。@株式会社ビズオーシャン

gitでテストpushをたくさんしたいときのワンライナー

リモートレポジトリのWebHookとGoogle Cloud Functionsを使って、slack通知を作るときに使ったもの。

今の日付(date)が入ったpush.testという名前のファイルを作って、コミットして、remote-nameのbranch-nameにプッシュして削除まで行う。
履歴はたくさん残る。

date > push.test && git add push.test && git commit -m "`cat push.test`" && git push remote-name branch-name && git rm push.test